書籍詳細

書籍詳細




和書

宇宙はなぜ哲学の問題になるのか

(ちくまプリマー新書)

伊藤邦武

筑摩書房 '19.8.10 発行
237p 18cm   
ISBN: 9784480683564
KCN: 1036972400
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥928(本体 ¥860)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 112
KDC: A11 哲学一般
新聞掲載: 日本経済新聞2019年09月07日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

「宇宙に果てはあるのか」「広大な宇宙の片隅に住む私たちとは何者なのだろう」―誰もが一度はとらえられるこうした問題。プラトンもカントもウィトゲンシュタインも、その哲学の原点は宇宙への問いだった。宇宙を切り口に学ぶ、いちばんやさしい哲学入門。

目 次

第1章 人間にとって宇宙とは何だろうか?―古代ギリシアの哲学の誕生(世界中の古代文明で生み出された「星座」;夜空の星座と惑星系のシステム;哲学の誕生 ほか)
第2章 宇宙に果てはあるのか?―「天空」と「道徳法則」への近代哲学の問い(西洋近代の世界観;近代哲学の完成者、カントの登場;近代に生まれた「人間」観 ほか)
第3章 宇宙人は「知性」をもつのか?―現代哲学の挑戦(ビッグバン宇宙論と地球外知的生命体;宇宙像の二度目の転換;カントの証明は間違いだったのか? ほか)

著者紹介

伊藤邦武 (イトウクニタケ)
1949年神奈川県生まれ。哲学者。京都大学大学院博士課程修了。85年『パースのプラグマティズム』により文学博士。現在、京都大学名誉教授、龍谷大学文学部教授。2011年紫綬褒章受章、2018年日本学士院会員に選ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)