書籍詳細

書籍詳細




和書

昭和・平成精神史―「終わらない戦後」と「幸せな日本人」

(講談社選書メチエ)

磯前順一

講談社 '19.8.8 発行
275p 19cm(B6)   
ISBN: 9784065169483
KCN: 1036985637
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,980(本体 ¥1,800)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 210.76
KDC: C11 社会学思想・理論/社会学一般
A39 日本史(近現代)
新聞掲載: 週刊読書人2019年08月16日,毎日新聞2019年12月08日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

毎年、戦後何年目かを数え、ことあらば戦後初をうたう。私たちは今なお「戦後」という時間のなかを生きている。便利で豊かで、息苦しさが募るばかりの「戦後」はいつ終わるのか。太宰治の絶望、ゴジラに仮託された不安、力道山が体現した矛盾、オウム真理教という破綻と癒えることのない東日本大震災の傷。急激な経済発展の裏側で切り捨てられた人びとの声に耳を傾け、敗戦で抱え込んだ矛盾を直視する時、はじめて「戦後」の外側が見えてくる。「戦後」に訣別するための、二つの時代に捧げる鎮魂歌。

目 次

第1章 「戦後」というパンドラの匣―太宰治からの問い
第2章 失われた言葉―東日本大震災と「否認」の共同体
第3章 謎めいた他者―ゴジラと力道山、回帰する亡霊たち
第4章 真理の王―オウム真理教と反復される天皇制
第5章 民主主義の死―シラケ世代と主体性論争、そして戦争のトラウマ
第6章 戦後の「超克」―沢田研二、その空虚な主体の可能性

著者紹介

磯前順一 (イソマエジュンイチ)
1961年、茨城県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。博士(文学)。現在は国際日本文化研究センター教授。専門は宗教学、批判理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)