書籍詳細

書籍詳細




和書

ネット文化資源の読み方・作り方―図書館・自治体・研究者必携ガイド

岡田一祐

文学通信 '19.8.10 発行
233p 21cm(A5)   
ISBN: 9784909658142
KCN: 1037089035
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,592(本体 ¥2,400)

この商品は出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合もありますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 014
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

インターネット環境において、文化資源のコレクションをバーチャル空間に作り上げる営みについて、多くの事例から縦横無尽に論じる。日々変わりゆく社会のなかで、資料の公開や、その方法論をどう考えていけばよいか。ガイドとして、入門として、必読の書。

目 次

2015(インターネット上でほとんど利用することができなかった本文と索引の公開―『笠間索引叢刊』の一部が国文学研究資料館で公開に;日本文化研究で小規模デジタル・アーカイブズをどう使うか―TRC‐ADEACのアーカイブ追加から考える ほか)
2016(コレクション共有から拡がる展覧会、展覧会から拡がるコレクション共有―アムステルダム国立美術館でBreitner:Meisje in kimono展が開催;日本の古文献手書き文字をアプリで学ぶ―「変体仮名あぷり」「くずし字学習支援アプリKuLA(クーラ)」「木簡・くずし字解読システム―MOJIZO―」 ほか)
2017(ボランティアとのコラボレーションの方法―「みんなで翻刻」リリースに寄せて;Data on the Web Best Practicesを読む―W3Cが公開したWebでのデータの出し方・使い方 ほか)
2018(国立国会図書館オンラインが公開―地味な変化だが、使い勝手の向上が随所に施されている;Digital Humanities Awardsがやってきた―2017年の出場作品に学ぶ ほか)

著者紹介

岡田一祐 (オカダカズヒロ)
1987年神奈川県生まれ、千葉県育ち。国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター特任助教。2015年北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。北星学園大学非常勤講師、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所特任研究員を経て、2017年より現職。主要な論文に「明治検定期読本の平仮名字体」(『日本語の研究』10巻4号、2014年。2014年度日本語学会論文賞、第37回新村出記念研究奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)