書籍詳細

書籍詳細




和書

症例でわかる明日のケアに活かせる 糖尿病薬物療法指導力アップ講座―看護師、薬剤師、管理栄養士…糖尿病スタッフの力で患者を支える

曽根博仁   朝倉俊成

(大阪)メディカ出版 '19.9.15 発行
205p 26cm(B5)   
ISBN: 9784840468954
KCN: 1037453388
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥4,180(本体 ¥3,800)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 493.12
KDC: G32 食品科学・栄養学
G44 薬学・薬理学・毒物学
G82 看護学・リハビリテーション
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

第1部 総論(糖尿病薬物療法の基本的な考え方;糖尿病治療薬の種類とそれぞれの作用;各職種が薬物療法を支えるために求められること;薬物療法指導において特別に求められる技能)
第2部 症例検討20(糖尿病薬の導入前;経口薬;注射薬;合併症・他疾患;ライフスタイル別)

著者紹介

曽根博仁 (ソネヒロヒト)
新潟大学大学院医歯学総合研究科血液・内分泌・代謝内科教授。1990年筑波大学医学専門学群卒業。1990年筑波大学附属病院内科レジデント。1997年米国ミシガン大学代謝内分泌内科リサーチフェロー。1999年筑波大学臨床医学系代謝内分泌内科講師。2006年お茶の水女子大学生活科学部食物栄養学科准教授。2009年筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター内分泌代謝・糖尿病内科教授。2012年現職。おもな資格・役職:指導医:日本内科学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本動脈硬化学会。理事:日本疫学会、日本糖尿病眼学会、日本糖尿病・妊娠学会、日本臨床栄養学会、日本臨床運動療法学会、糖尿病データマネジメント研究会(JDDM)、日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会、日本機能性食品医用学会。幹事:日本内分泌学会、日本先進糖尿病治療研究会。評議員代議員:日本内科学会、日本糖尿病学会、日本糖尿病合併症学会、日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本公衆衛生学会、日本栄養・食糧学会、日本病態栄養学会、日本栄養改善学会。厚生労働省薬事・食品衛生審議会委員。受賞:2002年長寿科学振興財団研究奨励賞。2006年健康加齢医学振興財団井村臨床研究奨励賞。2010年日本糖尿病学会学会賞(リリー賞)。2012年日本医師会医学研究奨励賞。2019年アジア糖尿病学会(AASD)疫学研究賞
朝倉俊成 (アサクラトシナリ)
新潟薬科大学薬学部臨床薬学研究室教授。1984年新潟薬科大学卒業。1989年太田綜合病院薬剤部。1996年太田西ノ内病院薬剤部薬局長補佐。2000年博士(薬学)。2006年新潟薬科大学薬学部臨床薬学研究室准教授。2006年~2007年新津医療センター病院薬剤部長(兼務)。2009年京都医療センター予防医学研究室研究員。2012年新潟薬科大学薬学部臨床薬学研究室教授。2015年第4回日本くすりと糖尿病学会学術集会大会長。2019年新潟県薬剤師会理事。認定:1999年日本医療薬学会認定薬剤師・指導薬剤師。2001年日本糖尿病療養指導士。2016年日本くすりと糖尿病学会糖尿病薬物療法認定薬剤師。2017年日本災害医学会PhDLSプロバイダー。所属学会等:日本薬学会、日本医療薬学会、日本糖尿病学会、日本くすりと糖尿病学会(副理事長、編集委員会委員長、ガイドブック編集委員会委員長、適正化委員会委員長、将来計画委員会委員長)、日本病態栄養学会(学術評議員)、日本糖尿病教育・看護学会(評議員)、NPO法人実践的糖尿病教育研究会(理事)、日本糖尿病療養指導士認定機構(試験委員)、日本糖尿病協会(「DM ensemble」編集委員、糖尿病医薬品・医療機器等適正化委員、インスリンケアサポート委員)など。受賞:2000年日本薬学会東北支部奨励賞。2003年2002年度“We are up for self-care.”Award最優秀賞。2017年2017年度日本糖尿病協会賞“JADEC Award for Excellent Diabetes Educator in Pharmacist”(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)