書籍詳細

書籍詳細




和書

キリスト教でたどるアメリカ史

(角川ソフィア文庫)

森本あんり

KADOKAWA '19.11.25 発行
234p 15cm(A6)   
ISBN: 9784044004668
KCN: 1038503621
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥924(本体 ¥840)

この商品は出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 192.53
KDC: A22 キリスト教・ユダヤ教
A33 西洋史
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

アメリカがアメリカと「なってゆく」過程を知らずして、今日の実像を理解することはできない―。苦難の連続の建国前夜から陰謀論・反知性主義が渦巻く現代の混沌まで、彼の国を一貫して突き動かし、その寄る辺となってきた理念とは、まさしくキリスト教そのものであった。自由・寛容・狂信・傲慢…相反する両面を携えて、驀進する宗教国家の軌跡を一冊で通覧する。神学・宗教学の泰斗が記す、全く新しいアメリカ史。

目 次

「アメリカ」の始まり
ニューイングランドの建設
ピューリタンの信仰と生活
大覚醒
独立革命期
諸教会の伸展と変容
アンテベラム時代
新しい信仰の諸形態
南北戦争期
アメリカの膨張
二つの世界大戦
戦後から現代へ

著者紹介

森本あんり (モリモトアンリ)
1956年神奈川県生まれ。国際基督教大学、東京神学大学大学院、プリンストン神学大学院を修了(Ph.D.)。国際基督教大学人文科学デパートメント教授(哲学・宗教学・アメリカ研究)、2012年より学務副学長。プリンストン神学大学院とバークレー連合神学大学院で客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

アメリカを動かしてきたのは、いつだってキリスト教だった――。