書籍詳細

書籍詳細




和書

クリニックで診るアルコール依存症 減酒外来・断酒外来

倉持穣

星和書店 '19.11.16 発行
257p 21cm(A5)   
ISBN: 9784791110360
KCN: 1038597110
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,750(本体 ¥2,500)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 493.156
KDC: G71 神経科学・精神医学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

体調悪化、仕事に行けない、家族から責められる…それでも酒をやめられない…アルコール依存症は、一度はまると抜けられないアリ地獄。減酒外来と断酒外来で、そんな地獄から抜け出し、健康と幸せな日常を取り戻す。

目 次

第1章 図で説明するアルコール依存症
第2章 多様化する現代のアルコール依存症
第3章 減酒外来の具体的な進め方
第4章 減酒外来と断酒外来を使い分ける
第5章 断酒外来における「断酒継続3本柱」
第6章 断酒外来の具体的な進め方
第7章 家族への援助

著者紹介

倉持穣 (クラモチジョウ)
茨城県水戸市出身。精神科医。1988年、東北大学医学部卒業。東京医科歯科大学精神科、東京都立広尾病院神経科、東京都教職員互助会三楽病院精神神経科(医長)、柏水会初石病院(医局長)などに勤務。2014年、さくらの木クリニック秋葉原を開院。同院院長。精神保健指定医、精神科専門医、精神科指導医、日本医師会認定産業医。専門は、一般臨床精神医学、アルコール精神医学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

酒の飲み方に不安を感じているアルコール依存症患者を、減酒外来・断酒外来により回復へと導く外来治療マニュアル。