書籍詳細

書籍詳細




和書

地域を活かすフィールドミュージアム―波佐見焼窯業地のまちづくり

落合知子   波佐見町教育委員会

雄山閣 '20.2.10 発行
347p 21cm(A5)   
ISBN: 9784639026983
KCN: 1039349535
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,520(本体 ¥3,200)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 573
KDC: C51 都市・住宅問題
D22 議会・政府・地方自治
X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

地域住民が集い、観光の拠点となる新たな博物館とは?フィールドミュージアム構想を掲げ、窯業地の歴史や点在する関連施設、現在の波佐見焼ブームを活かしたまちづくりを目指す。さらに日本各地・韓国・中国の窯業地の博物館の特性や実践も取り上げる。

目 次

第1章 郷土博物館の概念
第2章 波佐見町に博物館が開館するまでの経緯と既存博物館の問題点
第3章 波佐見町に求められる新たな博物館の要件
第4章 地域文化資源の確認と保存と活用の場としての博物館
第5章 地域博物館におけるフィールドミュージアムの必要性
第6章 地域創生を目的とする大学との連携事業とグローバル活動
第7章 窯業地における専門博物館の博物館特性
第8章 地域博物館に求められる博物館活動

著者紹介

落合知子 (オチアイトモコ)
博士(学術)お茶の水女子大学。現在、長崎国際大学人間社会学部教授・上海大学兼職教授。受賞歴:加藤有次博士記念賞、ICOM UMAC AWARD 2019 SECOND PLACE、長崎国際大学ベストティーチャー賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)