書籍詳細

書籍詳細




和書

世界は贈与でできている―資本主義の「すきま」を埋める倫理学

近内悠太

ニューズピックス '20.3.13 発行
251p 19cm(B6)   
ISBN: 9784910063058
KCN: 1039482353

定価:¥1,980(本体 ¥1,800)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 104
新聞掲載: 毎日新聞2020年05月23日,週刊読書人2020年12月11日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

最有望の哲学者、「希望」のデビュー作。「仕事のやりがい」「生きる意味」「大切な人とのつながり」―。なぜ僕らは、狂おしいほどにこれらを追い求めるのか?どうすれば「幸福」に生きられるのか?ビジネスパーソンから学生まで、見通しが立たない現代を生き抜くための愛と知的興奮に満ちた“新しい哲学”の誕生!

目 次

第1章 What Money Can’t Buy―「お金で買えないもの」の正体
第2章 ギブ&テイクの限界点
第3章 贈与が「呪い」になるとき
第4章 サンタクロースの正体
第5章 僕らは言語ゲームを生きている
第6章 「常識を疑え」を疑え
第7章 世界と出会い直すための「逸脱的思考」
第8章 アンサング・ヒーローが支える日常
第9章 贈与のメッセンジャー

著者紹介

近内悠太 (チカウチユウタ)
1985年神奈川県生まれ。教育者。哲学研究者。慶應義塾大学理工学部数理科学科卒業、日本大学大学院文学研究科修士課程修了。専門はウィトゲンシュタイン哲学。リベラルアーツを主軸にした総合型学習塾「知窓学舎」講師。教養と哲学を教育の現場から立ち上げ、学問分野を越境する「知のマッシュアップ」を実践している。『世界は贈与でできている―資本主義の「すきま」を埋める倫理学』がデビュー著作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)