書籍詳細

書籍詳細




和書

また来たくなる外来

國松淳和

金原出版 '20.4.15 発行
278p 19cm(B6)   
ISBN: 9784307102001
KCN: 1039556545
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,300(本体 ¥3,000)

この商品は専用在庫センターの在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 492
KDC: G43 臨床医学一般・診断・治療
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

今までの外来診療は、全部間違い!コミュニケーション能力とか、性格とか、一切関係なし!患者さんのココロを掴むとっておきの初診メソッド。一流だけが知っている逆説の臨床哲学。

目 次

1 今日も外来が憂うつな医師たちへ(さぁ、外来診療について語ろう;なぜ「また来たほうがいい」のか ほか)
2 病歴聴取が苦手なあなたへ(患者さんを呼び出したら;患者さんの望んでいることを知る ほか)
3 治療という「施し」を考えよう(仮説の立てかた;検査という道具の使いかた ほか)
4 「また来たい」と言われたい(またあの先生のところに行こうと思ってもらうために;外来診療の名残)

著者紹介

國松淳和 (クニマツジュンワ)
1977年愛知県生まれ。内科医。日本医科大学医学部卒業後、国立国際医療研究センター膠原病科、同センター総合診療科などを経て、現在は医療法人社団永生会南多摩病院総合内科・膠原病内科に勤務。リウマチ専門医、総合内科専門医。不明熱や不定愁訴、ニッチな病態などの難しい症例を多く診てきた経験を通して「臓器不定科」を自称するようになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

Dr. 國松Presents!患者さんを惹きつける、とっておきの初診メソッド