書籍詳細

書籍詳細




和書

転換期の博物館経営―指定管理者制度・独立行政法人の検証と展望

金山喜昭

同成社 '20.4.22 発行
251p 21cm(A5)   
ISBN: 9784886218414
KCN: 1039581389
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,970(本体 ¥2,700)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 069.1
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

指定管理者制度を導入して博物館はどのように変わったのか?独立行政法人の取り組みを含め、近年の特色ある事例を豊富に紹介。博物館経営の具体的な方策を提言する。

目 次

第1章 指定管理者制度と博物館の動向
第2章 NPO指定管理館の事例
第3章 企業指定管理館の事例
第4章 財団法人(公設)指定管理館の事例
第5章 独立行政法人による博物館経営
第6章 博物館経営各論
第7章 博物館経営の展望

著者紹介

金山喜昭 (カナヤマヨシアキ)
1954年、東京都生まれ。法政大学大学院人文科学研究科博士後期課程(満期退学)。現在、法政大学キャリアデザイン学部教授。博士(歴史学)。野田市郷土博物館学芸員、副館長を経て、2003年より法政大学キャリアデザイン学部へ。2008年4月からロンドン大学UCL(英国)客員研究員(翌年3月まで)。公益財団法人横浜市ふるさと歴史財団理事、公益財団法人茂木本家美術館理事、新潟市新津鉄道博物館協議会委員(座長)など各地の博物館の運営に協力している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

指定管理者制度を導入して博物館は何が変わったのか。その実状と課題を明らかにし、これからの時代の博物館経営について提言する。