書籍詳細

書籍詳細




和書

時代のなかの図書館・読書文化

(シリーズ図書館・文化・社会〈3〉)

相関図書館学方法論研究会

(京都)松籟社 '20.4.27 発行
267p 21cm(A5)   
ISBN: 9784879843890
KCN: 1039583598
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,300(本体 ¥3,000)

この商品は出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

1950年代のアメリカ、占領期や1970年代の日本、2000年以降の上海など、さまざまな時代的・社会的状況のもとでの図書館・読書文化をめぐる論考群。

目 次

戦後初期公民館構想における図書館の位置づけに関する批判的再解釈―なぜ図書館と公民館は分離して語られてきたのか
原則の遵守と公務員や市民としての義務との確執―『ラベリング声明』(1951年)と共産主義プロパガンダを中心にして
1950年代の『実践国語』誌上における俗悪書論争―学校図書館の選書に対する国語科教員の異議申し立て
図書館法制をめぐる展開の考察
読書の推進と上海図書館講座
上海図書館国際交流処の歴史と展望
アメリカ南部における児童サービスとその空間―アトランタ・カーネギー図書館とニューオーリンズ公立図書館を中心にして
ピノキオ・コーナーの評価をめぐる理念と現実の確執―1970年代の「差別図書」問題と図書館の社会的責任