書籍詳細

書籍詳細




和書

知的創造の条件―AI的思考を超えるヒント

(筑摩選書)

吉見俊哉

筑摩書房 '20.5.15 発行
250p 19cm(B6)   
ISBN: 9784480016966
KCN: 1039613146
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,760(本体 ¥1,600)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 002
KDC: C11 社会学思想・理論/社会学一般
X01 総記・百科事典・参考図書(逐刊含む)
新聞掲載: 産経新聞2020年06月20日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

なにが知的創造を可能にするのか?批判的読書や「問い」の発見などの方法論を示す。それだけではない。社会のデジタル化が進み、知識が断片化し、大学をはじめ社会全般で知的創造のための社会的条件が弱体化する現在、各人の知的創造を支える図書館や大学、デジタルアーカイブといった社会的基盤はどうあるべきか。AIによる知的労働の代替など、ディストピア状況が到来する可能性が高まるなか、知的創造をいかにして奪還するか―。知的創造の条件を、多角的かつ原理的に論じ切った渾身の書!

目 次

はじめに―知的創造の条件とは何か
第1章 はじまりの一歩
第2章 知的バトルのススメ
第3章 ポスト真実と記録知/集合知
第4章 AI社会と知的創造の人間学
おわりに―知的創造の歴史的主体とは誰か

著者紹介

吉見俊哉 (ヨシミシュンヤ)
1957年、東京都生まれ。87年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院情報学環教授。社会学、都市論、メディア論を専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

個人が知的創造を実現するための方法論のほか、知的コモンズの未来像を示し、AI的思考の限界を突破するための条件を論じた渾身作!