書籍詳細

書籍詳細




和書

虚心に読む―書評の仕事2011‐2020

橋本五郎

藤原書店 '20.7.10 発行
279p 19cm(B6)   
ISBN: 9784865782745
KCN: 1039751062
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,420(本体 ¥2,200)

この商品は書籍取次または出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 019
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

名コラムニストが、人間とは、思想とは何かを問う。長年にわたって読売新聞の書評委員を務め、書物を通じて人間を、歴史を考えてきた著者が、政治とは何か、日本とは何か、そして、人間とは何かを問いかける書評集、第二弾。長短の書評に加え、単行本解説、「橋本五郎文庫」のこと、そして著作でたどる小泉信三論を収録。

目 次

第1部 「自由」と「民主」(学問と思想;国家とは何か;人と政治)
第2部 日本とは何か(歴史のなかの日本;日本の根源)
第3部 生きるということ(生きることの哲学;文学の力)

著者紹介

橋本五郎 (ハシモトゴロウ)
読売新聞特別編集委員。1946年秋田県生まれ。70年慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、読売新聞社に入社。論説委員、政治部長、編集局次長を歴任。2006年より現職。読売新聞紙上で「五郎ワールド」を連載し、書評委員も20年以上にわたって担当している。2014年度日本記者クラブ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)