書籍詳細

書籍詳細




和書

いま、子どもの本が売れる理由

(筑摩選書)

飯田一史

筑摩書房 '20.7.15 発行
353p 19cm(B6)   
ISBN: 9784480017109
KCN: 1039795792
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,980(本体 ¥1,800)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 019.5
KDC: X02 図書館学・書誌学
新聞掲載: 日本経済新聞2020年10月10日,週刊読書人2021年02月05日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

子どもの本は、すごい!おしりたんてい、ヨシタケシンスケ、サバイバルetc.本の売れない時代に、子どもの本はなぜ売れる?直近20年で14歳以下人口は約200万人減ったが、児童書は市場規模を堅持、本を読まない子どもは減少し、小学生の読書冊数は倍増!「子どもの本離れ」はいかにして終わったのか?終戦から現代までの子どもの本をめぐる官民の施策をたどり直し、近年のヒット作についての分析・取材を通じていま子どもの本市場が賑わう秘密を探る!

目 次

第1章 子どもの読書環境はいかに形成されてきたか(一九四〇年代~七〇年代 戦後児童文学と学年誌が黄金時代を迎えるまで;一九八〇年代~九〇年代 サブカルチャーの隆盛と児童書冬の時代;二〇〇〇年代~二〇一〇年代 教育観の変化と国ぐるみの読書推進)
第2章 あの雑誌はなぜ売れているのか(「コロコロコミック」と「少年ジャンプ」―相互影響と棲み分けまでの歴史;「ちゃお」が「りぼん」「なかよし」を抜いた理由;“JSのバイブル”まいた菜穂『12歳。』は何を描いてきたのか)
第3章 ヒットの背景―幼児~小学生編(おしりたんてい論―推理が理解できない未就学児~低学年も楽しめるミステリーとは?;ヨシタケシンスケの絵本はなぜ絵本なのに小学校高学年にも読まれるのか;お菓子づくりと本の楽しさを親子そろって味わえる『ルルとララ』 ほか)

著者紹介

飯田一史 (イイダイチシ)
1982年、青森県むつ市生まれ。グロービス経営大学院経営研究科経営専攻修了(MBA)。小説誌、カルチャー誌、ライトノベルの編集者を経てライターとして独立。マーケティング視点と批判的観点からウェブ文化や出版産業、コンテンツビジネスなどについて取材・調査・執筆を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

1997年より続く出版不況下で売上を伸ばしている児童書市場。「子どもの本」が売れる秘密を豊富な資料と綿密な取材で解き明かす!