書籍詳細

書籍詳細




和書

大学という理念―絶望のその先へ

吉見俊哉

東京大学出版会 '20.9.10 発行
266,4p 19cm(B6)   
ISBN: 9784130530927
KCN: 1039991254
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,190(本体 ¥2,900)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 377.1
KDC: C34 大学/高等教育/学術行政
書評掲載: 朝日新聞2020年11月21日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

資本主義の過剰、パンデミック…、いま危機の中で思考する渾身の大学論=日本社会のための海図。新しい価値を創造する場へ。

目 次

なぜ、大学が問題なのか―危機の中で思考する
1 大学崩壊の時代に(爆発の時代に大学の再定義は可能か;「人文社会系は役に立たない」は本当か―「通知」批判から考える;大学院教育の未来形はどこにあるのか;「蹴られない東大」を実現する方法;大学の不条理と未来―単線から複線へ;明日の大学 明日の都市―コミュニティとしての大学=都市)
2 明日の大学を語る(大学に未来はあるか―通過儀礼からキャリア―ビジョンの転轍機へ;大学は国に奉仕しているわけではない;人生で三回大学に入る社会に向けて;日本の大学の何が問題か―青木保×吉見俊哉;文系学部解体‐大学の未来―室井尚×吉見俊哉)
大学という理念―近代の臨界と自由の結界

著者紹介

吉見俊哉 (ヨシミシュンヤ)
東京大学大学院情報学環教授。1957年生まれ、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東京大学新聞研究所助教授、同社会情報研究所教授等を経て現職。東京大学副学長、情報学環学環長、大学総合教育研究センター長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)