書籍詳細

書籍詳細




和書

言語―フンボルト/チョムスキー/レネバーグ

(名著精選 心の謎から心の科学へ)

福井直樹   渡辺明(理論言語学)

岩波書店 '20.10.16 発行
230,16p 19cm(B6)   
ISBN: 9784000078009
KCN: 1040024784
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,300(本体 ¥3,000)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 801
KDC: C21 心理学一般・理論/知覚・認知/行動
B11 言語学一般・言語教育
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

有限の手段を無限に用いることによって無数の言語表現を作り出す人間精神の働きこそが言語の本質であると指摘したフンボルト、行動主義心理学に基づく言語研究を徹底的に批判し、心・脳がもつ内在的言語能力の研究としての言語学を提唱したチョムスキー、言語の生物学的研究に関する総合的枠組みを提示したレネバーグを取り上げる。

目 次

人間の言語構造の多様性と人類の精神的発展におよぼすその影響について(ヴィルヘルム・フォン・フンボルト)
書評 B・F・スキナー『言語行動』(ノーム・チョムスキー)
言語発達の生物学的理論を目指して(エリック・H.レネバーグ)

著者紹介

福井直樹 (フクイナオキ)
上智大学大学院言語科学研究科教授。専門は認知科学、理論言語学
渡辺明 (ワタナベアキラ)
東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は理論言語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

言語の創造的側面に焦点を当てたフンボルトから、生物言語学を確立したチョムスキー、レネバーグまで。