書籍詳細

書籍詳細




和書

民主主義とは何か

(講談社現代新書)

宇野重規

講談社 '20.10.20 発行
277p 18cm   
ISBN: 9784065212950
KCN: 1040113168
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,034(本体 ¥940)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 311.7
KDC: D21 政治学一般/政治思想・理論
書評掲載: 読売新聞2020年12月06日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

今や危機に瀕した民主主義、まだ可能性はあるのか?過去をたどり未来への答えを導く!

目 次

序 民主主義の危機
第1章 民主主義の「誕生」
第2章 ヨーロッパへの「継承」
第3章 自由主義との「結合」
第4章 民主主義の「実現」
第5章 日本の民主主義
結び 民主主義の未来

著者紹介

宇野重規 (ウノシゲキ)
1967年、東京都生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。現在、東京大学社会科学研究所教授。専攻は政治思想史、政治哲学。主な著書に『政治哲学へ 現代フランスとの対話』(2004年渋沢・クローデル賞LVJ特別賞受賞)、『トクヴィル 平等と不平等の理論家』(講談社学術文庫、2007年サントリー学芸賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

今や危機に瀕した民主主義。まだ可能性はあるのか? 民主主義の本質と、その「あるべき」姿を根本から考える。