書籍詳細

書籍詳細




和書

認知バイアス―心に潜むふしぎな働き

(ブルーバックス)

鈴木宏昭

講談社 '20.10.20 発行
262p 18cm   
ISBN: 9784065219515
KCN: 1040114886
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,100(本体 ¥1,000)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 141.5
KDC: C21 心理学一般・理論/知覚・認知/行動
書評掲載: 読売新聞2020年11月22日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

見ているはずのものが見えていない。確かだと思っている記憶が違っている。後から考えると不思議な判断間違い。―誰もがよく感じる、このような認識のずれは、なぜ起こるのか、そのメカニズムを詳しく解説!

目 次

第1章 注意と記憶のバイアス―チェンジ・ブラインドネスと虚偽の記憶
第2章 リスク認知に潜むバイアス―利用可能性とヒューリスティック
第3章 概念に潜むバイアス―代表性ヒューリスティック
第4章 思考に潜むバイアス―確証バイアス
第5章 自己決定というバイアス
第6章 言語がもたらすバイアス
第7章 創造(について)のバイアス
第8章 共同に関わるバイアス
第9章 「認知バイアス」というバイアス

著者紹介

鈴木宏昭 (スズキヒロアキ)
青山学院大学教育人間科学部教育学科教授。博士(教育学)。1958年生まれ。東京大学大学院単位取得退学。東京工業大学助手、エジンバラ大学客員研究員などを経て、2009年より現職。認知科学が研究領域であり、特に思考、学習における創発過程の研究を行っている。日本認知科学会フェロー。人工知能学会、日本心理学会、Cognitive Science Society各会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

思い込み、見逃し、なぜやってしまったのかわからない行動。そんな「認知バイアス」を心理学の視点から、身近な事例を挙げて解説。