書籍詳細

書籍詳細




和書

感情史の始まり

ヤン・プランパー   森田直子(ドイツ近代史)

みすず書房 '20.11.16 発行
432,144p 19cm(B6)   
ISBN: 9784622089537
KCN: 1040225367
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: GESCHICHTE UND GEF¨UHL:Grundlagen der Emotionsgeschichte〈Plamper,Jan〉

定価:¥6,930(本体 ¥6,300)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 201.16
KDC: A11 哲学一般
A31 歴史学一般・通史・総記・伝記/考古学
書評掲載: 毎日新聞2021年01月23日,読売新聞2021年02月14日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

感情とは、感情史とは何か。感情をめぐる社会構築主義と普遍主義を架橋し、グランドセオリーを描く試論。歴史学における感情の扱い方の手法と重要性を説く。感情を主題に人文・社会科学と生命科学を架橋する。歴史学研究の斬新な試論。

目 次

序論 歴史と感情(感情とは何か;誰が感情を有するのか ほか)
第1章 感情史の歴史(リュシアン・フェーヴルと感情;フェーヴル以前の感情史 ほか)
第2章 社会構築主義―人類学(感情の多様性;旅行記と初期の人類学における感情 ほか)
第3章 普遍主義―生命科学(ポール・エクマンと基本感情;第三章 行程表 ほか)
第4章 感情史の展望(『感情の航海術』―ウィリアム・M.レディによる社会構築主義と普遍主義の克服の試み;感情実践 ほか)
結論

著者紹介

プランパー,ヤン (Plamper,Jan)
1970年生まれのドイツの歴史家。ギムナジウム卒業後に渡米し、1992年にブランダイス大学卒業。2001年にカリフォルニア大学バークレー校で博士号を取得。その後ドイツに戻り、テュービンゲン大学やベルリンのマックス・プランク人間形成研究所で教育や研究に従事。2012年からロンドン大学ゴールドスミス・カレッジの歴史学教授。2018年からはケンブリッジ大学出版会の初歩叢書(エレメンツ・シリーズ)「感情と感覚の歴史」の編集主幹も務める
森田直子 (モリタナオコ)
1971年岡山県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学、ドイツ・ビーレフェルト大学歴史・哲学・神学部で博士号取得。立正大学文学部准教授。専門はドイツ近代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

感情とは、感情史とは何か。感情をめぐる学問のあり方の歴史とグランドセオリーを描き、分野を超えて新しい人文学の可能性を開く。