書籍詳細

書籍詳細




和書

はじめてのスピノザ―自由へのエチカ

(講談社現代新書)

國分功一郎

講談社 '20.11.20 発行
179p 18cm   
ISBN: 9784065215845
KCN: 1040225410
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥946(本体 ¥860)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 135.2
KDC: A13 近代哲学・現代思想
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

次々と覆される常識の先に、ありえたかもしれないもうひとつの世界が浮かび上がる。気鋭の哲学者による、心揺さぶる倫理学入門。

目 次

第1章 組み合わせとしての善悪(スピノザとは誰か;哲学する自由 ほか)
第2章 コナトゥスと本質(コナトゥスこそ物の本質;変状する力 ほか)
第3章 自由へのエチカ(「自由」とは何か;自由の度合いを高める倫理学 ほか)
第4章 真理の獲得と主体の変容(スピノザ哲学は「もうひとつの近代」を示す;真理は真理自身の基準である ほか)
第5章 神の存在証明と精錬の道(懐疑の病と治癒の物語;真理への精錬の過程 ほか)

著者紹介

國分功一郎 (コクブンコウイチロウ)
1974年、千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部准教授。専門は、哲学・現代思想。著書に、『暇と退屈の倫理学』(朝日出版社、第二回紀伊國屋じんぶん大賞受賞、増補新版:太田出版)、『中動態の世界』(医学書院、第一六回小林秀雄賞受賞)、『原子力時代における哲学』(晶文社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

私たちはまだ、「自由」を知らない。現代人の常識を覆し、ありえたかもしれないもうひとつの世界を提示する、心揺さぶる倫理学入門。