書籍詳細

書籍詳細




和書

対話の技法

納富信留

笠間書院 '20.11.30 発行
189p 19cm(B6)   
ISBN: 9784305709325
KCN: 1040252160
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,540(本体 ¥1,400)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 107
KDC: A11 哲学一般
書評掲載: 朝日新聞2021年01月23日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

「対話」と「会話」はどう違う?完全に納得できる結論が出ない対話は失敗?目の前にいない相手と対話することは可能か?実りある対話をするために必要な心がまえとは?そんな疑問にお答えします!

目 次

第1部 対話を知っていますか?(対話という言葉から考えよう;対話でないもの;対話のやりとり;対話の強さと弱さ;対話が目指すところ)
第2部 危ない対話への勇気(言論嫌いという病;答えの得られない問い;対話の衝撃を受け止める;言葉による誘惑;対話する勇気)
第3部 対話が広がる世界(対話の場の越境;対話の相手の拡大;不在者との対話;自分自身との対話;対話の実践)

著者紹介

納富信留 (ノウトミノブル)
東京大学哲学科教授。西洋古代哲学が専門。古代ギリシアにおける「哲学の誕生」をテーマに、哲学と西洋古典学の二つの学問手法で迫っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

上手な話し方や相手を論破するテクニックのハウツーとはひと味違った、「人と人がわかり合うこと」の本質に迫る一冊