書籍詳細

書籍詳細




和書

パンデミック下の書店と教室―考える場所のために

小笠原博毅   福嶋聡

新泉社 '20.11.28 発行
221p 19cm(B6)   
ISBN: 9784787720009
KCN: 1040252177
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,980(本体 ¥1,800)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 304
KDC: X02 図書館学・書誌学
書評掲載: 読売新聞2021年02月21日
新聞掲載: 産経新聞2021年01月31日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

いまもなお「人文知」は必要だ。新型コロナウイルスの感染拡大によってあらわになった民主主義の問題、分断や格差の問題。コロナの時代に本を読み、学び、社会について考えることの意味を、書店と教室の現場から問い直す往復書簡。文科系大学教師と書店店長との対話。

目 次

はじめに 考える場所のために
1 書店論
エッセイ いまもなお本はライフラインだった
2 教室論
3 パンとサーカスと弁証法
エッセイ 「どうせやるなら派」から「コロナ転向派」へ、そして暴かれる五輪「ムラ」
4 言葉のパンデミックに抗うために
5 対談 書店と教室、人文知の現場から見えてきたこと
おわりに “未来の自分”と読書
ブックガイド 本書で取り上げた本やテクスト&パンデミックについてさらに考えるための五冊

著者紹介

小笠原博毅 (オガサワラヒロキ)
1968年生まれ。神戸大学大学院国際文化学研究科教授。ロンドン大学ゴールドスミス校社会学部博士課程修了。社会学Ph.D。スポーツやメディアにおける人種差別を主な研究テーマに据え、カルチュラル・スタディーズの視座から近代思想や現代文化を論じている。近年は、東京オリンピックや大阪万博の開催に一貫して異議を申し立て、批判を展開している
福嶋聡 (フクシマアキラ)
1959年、兵庫県生まれ。ジュンク堂書店難波店店長。京都大学文学部哲学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

コロナの時代に本を読み、学び、考えることの意味を問い直す。