書籍詳細

書籍詳細




和書

読書のちから

若松英輔

亜紀書房 '20.12.10 発行
155p 18×14cm   
ISBN: 9784750516783
KCN: 1040257470
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,430(本体 ¥1,300)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 019.04
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

「よき書物」と出会う―恩師・井上洋治、遠藤周作、須賀敦子、神谷美恵子、池田晶子、柳宗悦…著者自身の「危機」を救ってきた言葉を紹介し、「確かに生きる」ヒントを探る。知識ではなく、人生の手応えを与えてくれる「生涯の一冊」に出会うための方法も記す、読書をめぐるエッセイ集。

目 次

感情の言葉
情愛の泉
余白の言葉
悲愛の人
遅れて届いた手紙
沈黙のちから
聖なる場所
コトバを運ぶ人
霧の人
弱き勇者たちの軌跡
いのちを生きる
真理のありか
たましいの糧
読めない本と時の神
無常の奥に潜むもの
読書の効用
良知のひかり
十読は一写に如かず
内なる世界への道標
たましいの反抗
たましいのちから
色読という次元
苦しみの彼方
未完の代表作

著者紹介

若松英輔 (ワカマツエイスケ)
1968年新潟県生まれ。批評家、随筆家、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第14回三田文学新人賞評論部門当選、2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)にて第2回西脇順三郎学術賞受賞、2018年『詩集 見えない涙』(亜紀書房)にて第33回詩歌文学館賞詩部門受賞、『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)にて第16回角川財団学芸賞、第16回蓮如賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)