書籍詳細

書籍詳細




和書

境界線の学校史―戦後日本の学校化社会の周縁と周辺

木村元

東京大学出版会 '20.11.30 発行
258p 21cm(A5)   
ISBN: 9784130513555
KCN: 1040270728
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,960(本体 ¥3,600)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 372.1
KDC: C31 教育学一般/教育学思想・理論/教育史・教育事情
書評掲載: 朝日新聞2021年01月30日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

夜間中学、民族学校、職業教育…、変動する日本の「公教育」の境界。定時制・通信教育や夜間中学が問う「学校のかたち」の境界、外国人学校が問う「国民」の境界、道徳や職業教育が問う「普通教育」の境界。教育は誰が誰に何を保障すべきか。学校を経なくては社会に居場所を見出しにくい日本の学校化社会のありかたを歴史に追う。

目 次

「境界線の学校史」の問題構制
「学校」制度の境界線―その形成と展開
第1部 教育を保障する境界―義務教育・学校教育・公教育(夜間中学の成立と再編―「あってはならない」と「なくてはならない」の狭間で;勤労青少年教育における学校方式の問題―教育機会拡充をめぐる社会的力学;揺れ動く公教育の境界線―外国人学校は公的に保障されうるか)
第2部 どんな教育を保障するか―普通教育の境界変動(道徳教育に抗する/としての生活指導―普通教育の境界変動と宮坂哲文;普通教育としての職業教育をつくる―産業教育研究連盟と新制中学校カリキュラムの変容;高校工業科における普通教科と専門教科―柔軟な教育課程編成による職業と生徒への対応)
“学校の世紀”における境界線の変動