書籍詳細

書籍詳細




和書

多文化共生の社会への条件―日本とヨーロッパ、移民政策を問いなおす

宮島喬

東京大学出版会 '21.2.18 発行
315,30p 19cm(B6)   
ISBN: 9784130502023
KCN: 1040275706
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,850(本体 ¥3,500)

この商品は専用在庫センターの在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 334.41
KDC: C16 移民・民族・人口問題
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

「移民社会」としての日本。その30年の軌跡をたどり、未来を展望する。入管法改正により事実上の外国人労働者受入れを始めてからおよそ30年。いまや外国人とともに暮らす日常は当たり前のものになっている。しかし、そこにはなお多くの問題点が存在する。ヨーロッパとの比較も用いながらあらためて描き出す、「移民社会としての日本」の姿とは。

目 次

現代イミグレーション政策を問う
日本はどのような外国人労働者受入れ国になったのか―イミグレーションの「一九九〇年レジーム」を問う
日本のイミグレーション政策にみるナショナリズムと血統重視―外国人労働者の受入れの若干の側面
外国人/移民の社会的統合に向けて―地域社会における参加と共生
移民第二世代の就学にみる社会的統合と排除―かれらの高校進学をめぐって
教育と言語をめぐる問題についての覚書―外国人第二世代の子どもをどう支援するか
国籍による包摂と排除―日本とフランスにおける移民と国籍
ヨーロッパにみる移民の「統合」政策の含意―包摂か排除か
移民における失業、貧困、排外の政治―フランスの問題状況を中心に
移民問題の政治化―フランスの二〇一五・一六年危機とナショナル・ポピュリスト政治
移民・移民第二世代のプロフィール―TeO調査から
多文化共生を考える―共に生きられる社会とは

著者紹介

宮島喬 (ミヤジマタカシ)
1940年東京生まれ。1963年東京大学文学部社会学科卒業。お茶の水女子大学教授、立教大学教授、法政大学教授等を経て、お茶の水女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)