書籍詳細

書籍詳細




和書

コロナ後の教育へ―オックスフォードからの提唱

(中公新書ラクレ)

苅谷剛彦

中央公論新社 '20.12.10 発行
254p 18cm   
ISBN: 9784121507082
KCN: 1040297032
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥946(本体 ¥860)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 372.1
KDC: C31 教育学一般/教育学思想・理論/教育史・教育事情
新聞掲載: 東京新聞2021年02月21日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

教育改革を前提から問い直してきた論客が、コロナ後の教育像を緊急提言。オックスフォード大学で十年余り教鞭を執った今だからこそ、伝えられること―そもそも2020年度は新指導要領、GIGAスクール構想、新大学共通テストなど一大転機だった。そこにコロナ禍が直撃し、オンライン化が加速。だが、文科省や経産省の構想は、格差や「知」の面から諸問題をはらむという。以前にも増して地に足を着けた論議が必要な時代に向けた、処方箋を示す。

目 次

第1部 日本型教育改革の習性(教育を論じる思考の習性;「変化の激しい、不透明な時代」という前提を問い直す;文部官僚による「法を道具にした統治」;大学教育は「抽象的改革論」に抵抗できるか)
第2部 入試改革、グローバル化…大学大混乱を超えて(2019年入試大混乱を生んだ「教育改革神話」を駁す;和製グローバル化の悲哀)
第3部 人文科学の可能性(文系研究の日本的特徴;海外の日本研究の推移が問いかけるもの;人類の危機に人文学は貢献できるか)
第4部 教育論議クロニクル―2016~20年(グローバル人材と大学;英語ができない日本人;グローバル・メリトクラシー;日本語の壁と大学ランキング;「口先だけの英語使い」はいらない;同学年一斉スタートのリスク;「英語を話せる日本人」が増えたとしても;欲張りすぎる教育改革ふたたび;新大学入試で浮上した「採点問題」;入試改革の闇は「見えないコスト」;ビッグデータ不在の教育行政)
コロナ渦中の教育論

著者紹介

苅谷剛彦 (カリヤタケヒコ)
オックスフォード大学社会学科およびニッサン現代日本研究所教授。1955年東京都生まれ。東京大学大学院教育学研究科修士課程修了、ノースウェスタン大学大学院博士課程修了。Ph.D.(社会学)。放送教育開発センター助教授、東京大学大学院教育学研究科助教授、同大学院教授を経て2008年より現職。著書に『教育の世紀』(弘文堂、サントリー学芸賞、増補版・ちくま学芸文庫)、『階層化日本と教育危機』(有信堂高文社、大佛次郎論壇賞奨励賞)、『追いついた近代 消えた近代』(岩波書店、毎日出版文化賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

オンライン化に潜む本質的な問題とは? オックスフォード大で十年余り教鞭を執った論客が、教育改革を検証した上で緊急提言。