書籍詳細

書籍詳細




和書

フランクリン・ローズヴェルト―大恐慌と大戦に挑んだ指導者

(中公新書)

佐藤千登勢

中央公論新社 '21.1.25 発行
271p 18cm   
ISBN: 9784121026262
KCN: 1040310357
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥968(本体 ¥880)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 289.3
KDC: A33 西洋史
書評掲載: 読売新聞2021年03月14日
新聞掲載: 日本経済新聞2021年03月20日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

フランクリン・D.ローズヴェルトはアメリカ史上唯一4選された大統領である。在任中、大恐慌と第二次世界大戦という未曾有の危機に直面した。内政では大胆なニューディール政策を採用、外交ではチャーチルやスターリンと協力してドイツ・日本など枢軸国と戦い、勝利に導いた。ポリオの後遺症による不自由な身体を抱えつつ、いかにして20世紀を代表する指導者となったか。妻エレノアらとの人間模様も交え、生涯を活写する。

目 次

第1章 名門に生まれて
第2章 政治の世界へ
第3章 大恐慌に立ち向かう
第4章 ニューディールの新たな展開
第5章 第二次世界大戦の舞台へ
第6章 最高司令官として
終章 ローズヴェルトの遺産

著者紹介

佐藤千登勢 (サトウチトセ)
1963年、新潟県生まれ。一橋大学経済学部卒業。一橋大学大学院経済学研究科博士課程中退、デューク大学大学院歴史学部博士課程修了(Ph.D.)。ハーヴァード大学客員研究員、筑波大学人文社会系准教授を経て、2015年より同教授。著書『軍需産業と女性労働―第二次世界大戦下の日米比較』(彩流社、2003年、アメリカ学会清水博賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

大恐慌と第二次世界大戦という未曾有の危機をいかに乗り越えたか。家族との人間模様も含め、史上唯一4選された大統領の実像を描く。