書籍詳細

書籍詳細




和書

グローバル・ヒストリー―批判的歴史叙述のために

ゼバスティアン・コンラート   小田原琳

岩波書店 '21.1.27 発行
253,41p 19cm(B6)   
ISBN: 9784000226448
KCN: 1040324327
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: What Is Global History?〈Conrad,Sebastian〉

定価:¥3,190(本体 ¥2,900)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 209
KDC: A31 歴史学一般・通史・総記・伝記/考古学
書評掲載: 日本経済新聞2021年03月13日,朝日新聞2021年05月08日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

グローバリゼーションが進む世界の中で、私たちはどのように歴史を語るべきだろうか。「地球規模の相互作用や交換の歴史」というグローバル・ヒストリーについての単純化された理解を排しつつ、グローバリゼーションがもたらす様々な問題や弊害に向き合い、乗り越えるための方法論、実践としての可能性を、気鋭の歴史家が描きだす。

目 次

第1章 イントロダクション
第2章 「グローバル思考」小史
第3章 競合するアプローチ
第4章 アプローチとしてのグローバル・ヒストリー
第5章 グローバル・ヒストリーと統合の諸形態
第6章 グローバル・ヒストリーにおける空間
第7章 グローバル・ヒストリーにおける時間
第8章 ポジショナリティと中心化アプローチ
第9章 世界制作とグローバル・ヒストリーの諸概念
第10章 誰のためのグローバル・ヒストリーか?―グローバル・ヒストリーの政治学

著者紹介

コンラート,ゼバスティアン (Conrad,Sebastian)
1966年ハイデルベルク生まれ。パリ社会科学高等研究院等を経て、ベルリン自由大学歴史・文化学部教授。ドイツ植民地主義史、日本近現代史、グローバル・ヒストリー研究
小田原琳 (オダワラリン)
1972年生まれ。東京外国語大学大学院地域文化研究科修了。学術博士。現在、東京外国語大学大学院総合国際学研究院准教授。イタリア近現代史、ジェンダー・スタディーズ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

グローバリゼーションがもたらす様々な問題に向き合い、乗り越えるための実践としての可能性を描きだす。