書籍詳細

書籍詳細




和書

法解釈の方法論―その諸相と展望

山本敬三   中川丈久

有斐閣 '21.3.25 発行
427p 21cm(A5)   
ISBN: 9784641126145
KCN: 1040324378
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥6,600(本体 ¥6,000)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 321.16
KDC: D101 法律学一般/法学思想・理論/人権論
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

そこに“統一理論”はあるか。『民商法雑誌』の特集に書き下ろし論文を加えて単行本化。「最高裁の法解釈方法の評価」「法解釈方法の現状と将来像」を軸に、13の法分野の法解釈方法論を比較・相互参照する。

目 次

序章―プロローグ(未来志向の法解釈)
第1章 法解釈の方法論(日本における民法解釈方法論の変遷とその特質;行政法解釈の方法―最高裁判例にみるその動態;経済法解釈の特徴について―競争法におけるルールとスタンダード;商法学における法解釈の方法)
第2章 経済分析による法解釈の可視化(判例に見る知的財産法解釈方法論と政策形成;国際私法解釈論に関する若干の考察―判例分析をとおして;刑事訴訟法解釈の方法)
第3章 法分野固有の解釈指針(民事訴訟法の分野における解釈方法論;労働法における法解釈の方法に関する覚書;最高裁判例に見る租税法規の解釈手法;刑法の解釈方法と判例)
終章―エピローグ(最高裁の憲法解釈方法に関する一考察―なぜ審査基準論を採るべきか)