書籍詳細

書籍詳細




和書

日本音楽博物館論

井上裕太

同成社 '21.2.10 発行
246p 21cm(A5)   
ISBN: 9784886218582
KCN: 1040326915
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥6,600(本体 ¥6,000)

この商品は出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 760
KDC: B54 音楽・舞踊
X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

日本で「音楽」はどのように展示され、共有されてきたのか。明治期から近年にいたる音楽博物館の歴史を詳述し、その役割と課題を検証。音楽博物館の全貌を明らかにする。

目 次

序章 音楽博物館研究とは
第1章 黎明期における音楽博物館思想―明治時代~1929年の動向
第2章 戦前期における音楽博物館思想―1930~45年の動向
第3章 戦後期における音楽博物館思想―1945~68年の動向
第4章 近年における音楽博物館思想
第5章 音楽博物館の現代的課題
結章 音楽博物館の発展可能性

著者紹介

井上裕太 (イノウエユウタ)
1988年、埼玉県生まれ。國學院大學大学院文学研究科史学専攻博士後期課程修了。博士(歴史学)。音楽、スポーツなどの大衆文化や博物館学を研究。國學院大學教育開発推進機構兼任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

明治期から近年にいたる音楽博物館の歴史を詳述し、その役割と課題を具体的に検証。日本における音楽博物館の全貌を明らかにする。