書籍詳細

書籍詳細




和書

感情の哲学入門講義

源河亨

慶應義塾大学出版会 '21.1.30 発行
235,3p 19cm(B6)   
ISBN: 9784766427196
KCN: 1040343336
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 141.6
KDC: A11 哲学一般
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

私たちの生活の中心にある「感情」。私たちは日々うれしくなったり悲しくなったりして過ごしています。誰もがもつこの「感情」とはいったい何なのでしょうか?本書は身近な「感情」をテーマにした哲学の入門書です。大学でおこなわれた全15回の講義をまとめたものなので、哲学を知らなくても、感情や人間がどういうものか、哲学がどういうものかわかる一冊となっています。

目 次

ガイダンス
感情の本質は何か
感情と身体
感情と思考
感情と価値/基本的な感情
複雑な感情/感情と文化
無意識の感情/ロボットの感情
他人の感情を見る
感情と気分/感情と痛み
感情と理性は対立するか
道徳哲学と感情の科学
恐怖を求める矛盾した感情
感情とフィクション
感情とユーモア
全体のまとめ

著者紹介

源河亨 (ゲンカトオル)
2016年、慶應義塾大学にて博士(哲学)を取得。現在は、慶應義塾大学文学部、日本大学芸術学部、立正大学文学部ほか非常勤講師。専門は、心の哲学、美学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

本書は身近な「感情」をテーマにした哲学の入門書です。感情や人間がどういうものか哲学がどういうものかわかる一冊となっています。