書籍詳細

書籍詳細




和書

流行に踊る日本の教育

石井英真

東洋館出版社 '21.1.10 発行
334p 19cm(B6)   
ISBN: 9784491041599
KCN: 1040351844
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 372.1
KDC: C31 教育学一般/教育学思想・理論/教育史・教育事情
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

改革を扇動する言葉に踊らされず、安易な批判や復古趣味に陥ることなく、未来志向で地に足のついた教育のもつ真の力を再考する!

目 次

新しいものにとびつく前に、当たり前をやめる前に
資質・能力ベースのカリキュラム改革―学校ですべきこと、できることは何か?
個別化・個性化された学び―「未来の学校」への道筋になりうるか
対話的・協同的な学び―新しい知と文化が生まれる学校を目指して
プロジェクト型学習―カリキュラムにおけるプロジェクトは「メソッド」の再来
インクルーシブ教育―「みんなちがって、みんないい」の陰で
教師による「研究」―「仮説‐検証」という呪縛
外国語コミュニケーション
大学入試改革―それで高校教育は本当に変わるのか?
エビデンスに基づく教育―黒船か、それとも救世主か
社会に開かれた教育課程―カリキュラム・マネジメントと「地方創生」
座談会 いま一度、立ち止まり、語り合っておきたいこと

著者紹介

石井英真 (イシイテルマサ)
京都大学大学院教育学研究科准教授。博士(教育学)。専門は教育方法学。学校で育成すべき学力のモデル化、授業研究を軸にした学校改革。日本教育方法学会理事、日本カリキュラム学会理事、文部科学省「児童生徒の学習評価に関するワーキンググループ」委員などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)