書籍詳細

書籍詳細




和書

歴史教育の比較史

近藤孝弘   岡本隆司

(名古屋)名古屋大学出版会 '20.12.25 発行
313,9p 21cm(A5)   
ISBN: 9784815810115
KCN: 1040353717
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥4,950(本体 ¥4,500)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 207
KDC: C31 教育学一般/教育学思想・理論/教育史・教育事情
A31 歴史学一般・通史・総記・伝記/考古学
新聞掲載: 朝日新聞2021年01月30日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

なぜ歴史をめぐって国どうしが争うのか。世界各地で歴史はどのように教えられてきたのか。歴史家と教育学者の共同作業により、自国史と世界史との関係を軸に、四つの地域の現在にいたる「歴史教育」の歴史を跡づけ、歴史とは何か、教育とは何かを問い直す、未曾有の試み。

目 次

序章 歴史教育を比較史する
第1章 中国(1)―史学から俯瞰する
第2章 中国(2)―共和国の歴史教育:革命と愛国の行方
第3章 オスマン帝国/トルコ共和国―「われわれの世界史」の希求:万国史・イスラム史・トルコ史のはざまで
第4章 ドイツ―果たされない統一
第5章 アメリカ合衆国―近代から始まった国として
終章 歴史教育学の展望

著者紹介

近藤孝弘 (コンドウタカヒロ)
早稲田大学教育・総合科学学術院教授。博士(教育学)。1963年生まれ。専門は政治・歴史教育の比較研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

「歴史認識」で争う前に――。世界各地で歴史はどのように教えられてきたのか。自国史と世界史の関係とは。