書籍詳細

書籍詳細




和書

無意識のバイアス―人はなぜ人種差別をするのか

ジェニファ-・エバーハート   山岡希美

明石書店 '20.12.30 発行
373p 19cm(B6)   
ISBN: 9784750351230
KCN: 1040365005
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: BIASED〈Eberhardt,Jennifer〉

定価:¥2,860(本体 ¥2,600)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 361.4
KDC: C16 移民・民族・人口問題
C17 社会問題・社会病理
C21 心理学一般・理論/知覚・認知/行動
書評掲載: 朝日新聞2021年03月06日
新聞掲載: 日本経済新聞2021年04月24日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

悪意の有無に関係なく存在する偏見、バイアス。それがいかにして脳に刻まれ、他者に伝染し、ステレオタイプを形作っているかを知ることなしに、人種差別を乗り越えることなどできない。米国の学校・企業・警察署の改革に努める心理学者が解く、無意識の現実とは。

目 次

1 私たちの目に映るもの(互いの見え方―認知とバイアス;何が育むのか―カテゴリー化とバイアス)
2 自らをどう見出すか(悪人とは?―警察とバイアス1;黒人男性―警察とバイアス2;自由な人の考え方―刑事司法とバイアス;恐ろしい怪物―科学とバイアス)
3 抜け出すための道はあるか(ホームの快適さ―コミュニティとバイアス;厳しい教訓―教育とバイアス;シャーロッツビルの出来事―大学とバイアス;最後に得るもの、失うもの―ビジネスとバイアス)

著者紹介

エバーハート,ジェニファー (Eberhardt,Jennifer)
スタンフォード大学心理学部教授。全米科学アカデミー、米国芸術科学アカデミーに選出され、フォーリン・ポリシーの「世界をリードする100人の思想家」の一人に選出。人種問題の研究における世界の第一人者の一人として知られる
山岡希美 (ヤマオカキミ)
翻訳家。16歳まで米国カリフォルニア州で生活。同志社大学心理学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)