書籍詳細

書籍詳細




和書

コンヴァージェンス・カルチャー―ファンとメディアがつくる参加型文化

ヘンリー・ジェンキンズ   渡部宏樹

晶文社 '21.1.30 発行
553p 21cm(A5)   
ISBN: 9784794972484
KCN: 1040373214
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: Convergence Culture:Where Old and New Media Collide〈Jenkins,Henry〉

定価:¥4,070(本体 ¥3,700)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 361.5
KDC: C11 社会学思想・理論/社会学一般
C14 メディア・ジャーナリズム・情報社会
書評掲載: 朝日新聞2021年04月03日
新聞掲載: 読売新聞2021年02月07日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

『サバイバー』、『アメリカン・アイドル』、『マトリックス』、『スター・ウォーズ』、『ハリー・ポッター』…世界的ヒットを記録したエンターテインメントは、多くのファンたちが積極的に参加することで熱狂の渦が生まれた。映画やアニメ、ゲーム、コミックなど多岐にわたるメディア・プラットフォームのもとに、ポップカルチャーのファンたちは集まり、コミュニティをつくる。そこは新しい知識が生み出され、主体的な参加が促される創造的な場である。メディア研究の第一人者が、“コンヴァージェンス”の理論を用いてトランスメディアの複雑な関係を読みとく名著。ファンと産業界が衝突しながらも、ともに切りひらいてきた豊かな物語世界の軌跡をたどり、参加型文化にこれからの市民社会を築く可能性を見出す。

目 次

イントロダクション 「コンヴァージェンスの祭壇で祈ろう」―メディアの変容を理解するための新しいパラダイム
第1章 『サバイバー』のネタバレ―知識コミュニティの解剖学
第2章 『アメリカン・アイドル』を買うこと―私たちはリアリティ番組でどのように売られるか
第3章 折り紙ユニコーンを探して―『マトリックス』とトランスメディアのストーリーテリング
第4章 クエンティン・タランティーノの『スター・ウォーズ』?―草の根の創造性とメディア産業の出会い
第5章 どうしてヘザーは書けるのか―メディアリテラシーとハリー・ポッター戦争
第6章 民主主義のためのフォトショップ―政治とポップカルチャーの新しい関係
結論 テレビを民主化する?―参加の政治学
あとがき YouTube時代の政治を振り返る

著者紹介

ジェンキンズ,ヘンリー (Jenkins,Henry)
南カリフォルニア大学教授。コミュニケーション&ジャーナリズム研究科、映画芸術研究科、ならびに教育研究科で、デジタル時代の参加型文化やファンダム、若者教育などを教えている。同校着任以前はマサチューセッツ工科大学(MIT)にて比較メディア研究プログラムを立ち上げ、ディレクターを長らく務めた
渡部宏樹 (ワタベコウキ)
筑波大学人文社会系助教、エジプト日本科学技術大学客員助教
北村紗衣 (キタムラサエ)
武蔵大学人文学部英語英米文化学科准教授
阿部康人 (アベヤスヒト)
駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部グローバル・メディア学科講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

オードリー・タン氏(台湾デジタル担当政務委員大臣)推薦! メディア論・ファンダム研究の名著、待望の邦訳!