書籍詳細

書籍詳細




和書

問いの立て方

(ちくま新書)

宮野公樹

筑摩書房 '21.2.10 発行
199p 18cm   
ISBN: 9784480073709
KCN: 1040377132
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥858(本体 ¥780)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 104
KDC: X01 総記・百科事典・参考図書(逐刊含む)
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

ロジカルを良しとするのも、ロジカルが良いという考えあってのこと。なぜロジカルであったりエビデンスベースであったりすれば我々は正しいと思ったり、納得できると思ったりするのか。新規事業、起業、地域課題、研究テーマから、働き方、生き方まで!本質に迫る「問い」が持てる。

目 次

第1章 「いい問い」とは何か(答えがある問い、答えがない問い;本質と名付けてみる;なぜその問いはあるのか ほか)
第2章 「いい問い」にする方法(いい問いにまで昇華させるには;「問い」が磨かれるとき;自分と世界の矛盾のうちに ほか)
第3章 「いい問い」の見つけ方(消極的アプローチをとる理由;「違和感」と「自覚」;対象の内実と形式 ほか)

出版社内容情報・注記

テーマ、課題、目標と大小問わず「問い」には様々な形がある。どの問いにも通用する考え方とはなにか? それをともに考える一冊。