書籍詳細

書籍詳細




和書

日本の歴史的建造物―社寺・城郭・近代建築の保存と活用

(中公新書)

光井渉

中央公論新社 '21.2.25 発行
269p 18cm   
ISBN: 9784121026330
KCN: 1040421288
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥990(本体 ¥900)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 521.8
KDC: F83 建築意匠・建築史・建築設計
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

法隆寺や姫路城はじめ、日本には世界遺産に指定された歴史的建造物が多い。だが、「役割を終えた古い建物」でしかなかったそれらに価値や魅力が「発見」されたのは、実は近代以降のことである。そして、保存や復元、再現にあたっては、その建造物の「正しい」あり方が問われた。歴史上何度も改築された法隆寺、コンクリート構造の大阪城天守閣、東京駅、首里城…。明治時代から現代に至る美の発見のプロセスをたどる。

目 次

第1章 歴史の発見
第2章 古社寺の保存
第3章 修理と復元―社寺
第4章 保存と再現―城郭
第5章 保存と活用―民家・近代建築
第6章 点から面へ―古都・町並み・都市
終章 日常の存在へ

著者紹介

光井渉 (ミツイワタル)
1963年(昭和38年)、広島県に生まれる。東京大学工学部建築学科卒業。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程中退。博士(工学、東京大学)。文化庁文化財保護部文部技官、神戸芸術工科大学助教授などを経て、東京藝術大学美術学部建築科教授。専門は日本建築史、文化財保存。著書に『近世寺社境内とその建築』(中央公論美術出版、2001年、建築史学会賞)、『日本の伝統木造建築 その空間と構法』(市ヶ谷出版社、2016年、日本建築学会著作賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

法隆寺や姫路城はじめ日本各地に残る世界遺産。「役割を終えた古い建物」の価値や魅力はいかに発見されたのか。新しい楽しみ方を伝授