書籍詳細

書籍詳細




和書

花粉症と人類

(岩波新書)

小塩海平

岩波書店 '21.2.19 発行
162p 18cm   
ISBN: 9784004318699
KCN: 1040421430
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥880(本体 ¥800)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 493.14
KDC: G24 生態学/進化/人類学/古生物学
G41 医学一般
A31 歴史学一般・通史・総記・伝記/考古学
新聞掲載: 東京新聞2021年04月04日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

目はかゆく、鼻水は止まらない。この世に花粉症さえなければ―。毎年憂鬱な春を迎える人も、ネアンデルタール人以来の花粉症との長い歴史や、「謎の風邪」に苦しみつつ原因究明に挑んだ人びとの涙ぐましい努力を知れば、きっとその見方は変わるだろう。古今東西の記録を博捜し、花粉症を愛をもって描く初めての本。

目 次

第1章 花粉礼賛
第2章 人類、花粉症と出会う
第3章 ヴィクトリア朝の貴族病?―イギリス
第4章 ブタクサの逆襲―アメリカ
第5章 スギ花粉症になることができた日本人
第6章 花粉光環の先の世界

著者紹介

小塩海平 (コシオカイヘイ)
1966年静岡県生まれ。1995年東京農業大学農学研究科博士後期課程修了。東京農業大学助手等を経て、2008‐09年オランダ・ワーヘニンゲン大学客員研究員。現在、東京農業大学国際食料情報学部国際農業開発学科教授。専門、植物生理学。幅広く人間の活動と生態系とを視野に入れる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

ネアンデルタール人も花粉症? 「謎の風邪」解明に挑む医師らの涙ぐましい努力とは? 文明史的考察。