書籍詳細

書籍詳細




和書

器質か心因か

尾久守侑

中外医学社 '21.1.20 発行
125p 19×16cm   
ISBN: 9784498229266
KCN: 1040433958
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 493.09
KDC: G51 内科学/小児科学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

内科診療から眼差す身体医学と精神医学の境界線。

目 次

第1章 器質か心因か
第2章 鬼の首をとった気になる前に
第3章 心因反応の方程式
第4章 メスの深さ
第5章 “病気”でないことの伝え方
第6章 動揺が症状に影響を与える

著者紹介

尾久守侑 (オギュウカミユ)
慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室。2014年横浜市立大学医学部卒業。国立国際医療研究センター病院で初期研修。2016年慶應義塾大学医学部精神・神経科に入局。慶應義塾大学病院、下総精神医療センター、静岡てんかん・神経医療センター、南多摩病院内科などに勤務。2018年慶應義塾大学医学部博士課程に入学し、現在に至る。精神保健指定医。精神科専門医。詩人としても活動しており、『国境とJK』(思潮社、2016、第22回中原中也賞最終候補)、『ASAPさみしくないよ』(思潮社、2018、第69回H氏賞最終候補)、『悪意Q47』(思潮社、2020、第9回エルスール財団新人賞受賞)などの著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

器質か心因かを巡る状況に,「心理的加重」という概念を登場させる.器質因があると心因反応がより起こりやすくなる現象への理解は,内科医の臨床レベルを数段向上させる.