書籍詳細

書籍詳細




和書

対話型論証による学びのデザイン―学校で身につけてほしいたった一つのこと

松下佳代

勁草書房 '21.2.20 発行
179p 21cm(A5)   
ISBN: 9784326251490
KCN: 1040440717
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 375.1
KDC: C32 教育行政/教育課程・学習指導法/初等・中等教育
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

ある問題に対して、他者と対話しながら、根拠をもって主張を組み立て、結論を導く「対話型論証」。その理論とモデルを中学・高校・大学での豊富な事例をもとに提案。教科や総合学習での探究の指導にもヒントとなる一冊。

目 次

第1部 理論編(なぜ、対話型論証なのか;対話型論証モデルの成り立ち―トゥールミン・モデルと三角ロジック;対話型論証モデルの展開)
第2部 実践編(日本の教育に求められる対話型論証;中学・高校での試み;大学での試み)
対話型論証モデルの可能性

著者紹介

松下佳代 (マツシタカヨ)
京都大学高等教育研究開発推進センター教授。京都大学博士(教育学)。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程学修認定退学。京都大学教育学部助手、群馬大学教育学部助教授、京都大学高等教育教授システム開発センター助教授を経て、2004年より現職。現在、日本カリキュラム学会代表理事、大学教育学会副会長、日本学術会議会員等を務める。専門は、教育方法学、大学教育学。とくに能力、学習、評価をテーマに研究と実践を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

ある問題に対し、他者と対話しつつ、根拠をもって主張を組み立てる活動である「対話型論証」。その理論を教育実践に基づき解説する。