書籍詳細

書籍詳細




和書

魂手形―三島屋変調百物語七之続

宮部みゆき

KADOKAWA '21.3.26 発行
293p 19cm(B6)   
ISBN: 9784041108536
KCN: 1040478784

定価:¥1,760(本体 ¥1,600)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 913.6
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

江戸は神田の袋物屋・三島屋で行われている風変わりな百物語。「語って語り捨て、聞いて聞き捨て」が原則だが、従妹のおちかから聞き手を引き継いだ富次郎は、語られた話を墨絵に描き封じ込めることで聞き捨てとしていた。美丈夫の勤番武士が語る、摩訶不思議な力であらゆる火災を制す神器の真実「火〓太鼓」。馴染みの団子売りの娘が打ち明けた、一途な愛が引き起こした悲しき事件「一途の念」。木賃宿に泊まったお化けの復讐譚「魂手形」。三人の語り手の物語と、三島屋に届いた慶事の報せをきっかけに、富次郎は自らの行く末に思いを巡らせていく―。

著者紹介

宮部みゆき (ミヤベミユキ)
1960年東京生まれ。87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞長編部門、同年『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年『火車』で山本周五郎賞、97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年『理由』で直木賞、2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、02年に同書で司馬遼太郎賞、07年『名もなき毒』で吉川英治文学賞、08年英訳版『BRAVE STORY』でThe Batchelder Awardを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

嘘も真実も善きも悪しきも、すべてが詰まった江戸怪談の新骨頂!