書籍詳細

書籍詳細




和書

労働組合とは何か

(岩波新書)

木下武男

岩波書店 '21.3.19 発行
288p 18cm   
ISBN: 9784004318729
KCN: 1040510555
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥990(本体 ¥900)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 366.6
KDC: C12 労働
E17 労働
E24 経営管理・人的資源管理
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

日本では「古臭い」「役に立たない」といわれる労働組合。しかし世界を見渡せば、労働組合が現在進行形で世界を変えようとしている。この違いは、日本に「本当の労働組合」が存在しないことによる。では、社会を創る力を備えた労働組合とはどのようなものなのか。第一人者がその歴史と機能を解説する。

目 次

第1章 歴史編1 ルーツを探る―「本当の労働組合」の源流は中世ギルドにある
第2章 歴史編2 「団結せよ、そして勤勉であれ」―職業別労働組合の時代
第3章 分析編1 労働組合の機能と方法
第4章 歴史編3 よるべなき労働者たち―一般労働組合の時代
第5章 歴史編4 アメリカの経験―産業別労働組合への道
第6章 分析編2 いかにして社会を変えるのか―ユニオニズムの機能
第7章 歴史編5 日本の企業別労働組合―日本的労使関係の形成・衰退
第8章 分析編3 日本でユニオニズムを創れるのか

著者紹介

木下武男 (キノシタタケオ)
1944年生まれ。昭和女子大学名誉教授。労働社会学。法政大学大学院社会学専攻修士課程修了。鹿児島国際大学福祉社会学部教授、昭和女子大学人間社会学部教授などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

役に立たないといわれる労働組合。しかし、それは「本当」の姿なのか。第一人者が描く秘めた可能性。