書籍詳細

書籍詳細




和書

思言敬事―ある人文書編集者の回想

加藤敬事

岩波書店 '21.5.11 発行
186,10p 19cm(B6)   
ISBN: 9784000614696
KCN: 1040723245
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,640(本体 ¥2,400)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 021.4
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

出版界には不思議なことが起こる。そして、不思議なことを起こす力がある―。人文書のベル・エポックともいうべき時代に、みすず書房の編集者となった著者は、アーレント、シュミットから丸山眞男、藤田省三まで、今も読み継がれる多くの本を手がけた。思い出深い執筆者や翻訳者、愛着のある書物をめぐって伸びやかにつづられた回想録的エッセイ集。

目 次

1 ある人文書編集者の回想(私のなかのDNA;生き残った者;オリエンタリストの卵;小尾俊人と出会う;一九七〇年代はよく働いた;一九八〇年代以降;二つの展覧会)
2 出会った人のこと(翻訳者素描;ゆで卵とにぎり飯―岡本敏子さんとの物語;すこし昔の話―みすず書房旧社屋のこと;私は顔はまずいし、優しくもない―『傅雷家書』とその編集者;あなたはこの世の四月の空―中国の国章をデザインした女性;戸田銀次郎父子のこと)
3 出会った本のこと(丸山文庫所蔵の徂徠関係資料をめぐって;三つの『保元物語』;本棚の片隅から;異文化理解を体現した本の形)

著者紹介

加藤敬事 (カトウケイジ)
1940年生まれ。東京大学文学部東洋史学科卒。1965年、みすず書房に入社。人文書を数多く手がける。1998年から2001年までみすず書房社長。2005年の東アジア出版人会議発足に関わり、初代理事をつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

数々の人文書を手がけた元みすず書房の編集者が、思い出深い著者や書物についてつづるエッセイ集。