書籍詳細

書籍詳細




和書

変化する社会とともに歩む学校図書館

(ライブラリーぶっくす)

野口武悟

勉誠出版 '21.4.15 発行
286p 19cm(B6)   
ISBN: 9784585200819
KCN: 1040771894
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,420(本体 ¥2,200)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 017
KDC: X02 図書館学・書誌学
新聞掲載: 日本経済新聞2021年06月12日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

「本離れ」が叫ばれる中で、学校図書館は読書、ひいては本の大切さをどのように説いているのであろうか。また、司書教諭に関する法律改正などに伴って、現場はどう変化しているのだろうか?歴史的な側面を概括し、制度論も交えながら現在の学校図書館の達成ポイントと課題を論じる。デジタル環境など新しいトピックや、授業における図書館利用などについても見ていくことで、「本との出会い」だけにとどまらない図書館の教育的効果を考える。さらに小学校から高校までの学校図書館を取り巻く環境と、現在行なっている取組を、代表的な学校の司書によるコラムを交えて紹介し、実際の現場に迫る。

目 次

序章 学校図書館の過去と現在
第1章 子どもの「学び」のいまと学校図書館
第2章 子どもの多様な育ちに応える学校図書館
第3章 子どもの多様な発達を支える学校図書館
第4章 社会の情報化と学校図書館
第5章 社会のグローバル化と学校図書館
第6章 進展する公共サービスの市場化と学校図書館
第7章 市民活動社会と学校図書館
第8章 社会の少子・高齢化、過密・過疎化と学校図書館
終章 変化・成長する有機体としての学校図書館
補章 新型コロナウイルスの感染拡大と学校図書館

著者紹介

野口武悟 (ノグチタケノリ)
専修大学文学部ジャーナリズム学科教授・学科長、放送大学教養学部客員教授。専門は図書館情報学、学校教育学、社会福祉学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

時代ごとに変化する学校図書館。教育と図書館の相関を見る