書籍詳細

書籍詳細




和書

最後に残るのは本

工作舎

工作舎 '21.6.20 発行
241p 18×14cm   
ISBN: 9784875025290
KCN: 1040846838
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,750(本体 ¥2,500)

この商品は書籍取次または出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 020.4
KDC: X02 図書館学・書誌学
新聞掲載: 週刊読書人2021年07月16日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

67人の書物隨想録。

目 次

ないたあかおに(小松和彦)
匂いのない「電子の本」(坂村健)
宜しかったら豪華本に(小野健一)
私と本(杉浦日向子)
ワールブルク研究所のことフランセス・イエイツのこと(佐々木力)
「木」を削る者にとっての「本」(稲本正)
本になりすました標本箱(海野和男)
闇に咲く本(田中優子)
本の代謝(芹沢高志)
本の風合い(奥村靫正)〔ほか〕

出版社内容情報・注記

小松和彦、養老孟司、池澤夏樹、鶴岡真弓、松浦寿輝など総勢67名の書物をめぐるエッセイ集。表題は多田智満子のエッセイより。