書籍詳細

書籍詳細




和書

図書館を語る―未来につなぐメッセージ

山崎博樹

青弓社 '21.8.18 発行
275p 19cm(B6)   
ISBN: 9784787200778
KCN: 1041019598
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,860(本体 ¥2,600)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 010.4
KDC: X02 図書館学・書誌学
書評掲載: 読売新聞2021年11月21日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

これからの図書館をどうやって運営すればいいのか―新しい図書館サービスの提言、学校図書館に求められる機能、図書館関連メーカーの考えなどを第一線の関係者が縦横に語る。図書館と利用者の未来を明るくする発言集。

目 次

第1章 “役所のひと”が司書になって―さまざまな視点を生かした図書館づくり
第2章 「“役所のひと”が司書になって」拡大反省会
コラム 公共図書館の生き残り戦略―図書館に新しい看板を掲げよう
第3章 ビジネス支援サービス事始め
第4章 公立図書館のレファレンス・サービスの現状と課題、これから
第5章 図書館、ICTを語りつくす
第6章 学校図書館の課題とこれから
第7章 図書館をどう始めるか
第8章 キハラが図書館のためにできること

著者紹介

山崎博樹 (ヤマザキヒロキ)
1955年、秋田県生まれ。知的資源イニシアティブ代表理事、デジタルアーカイブ学会評議員、日本生涯学習学会員、日本図書館協会員。秋田県立図書館を経て、国立国会図書館関西館で「レファレンス協同データベース」準備のため2年間勤務。ビジネス支援図書館推進協議会の設立に参画し、現在は同会副理事長。総務省地域情報化アドバイザー、内閣府知的財産戦略本部実務者検討委員会構成員、図書館サービス向上委員会(りぶしる)委員長、紫波町図書館専門アドバイザーとして活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)