書籍詳細

書籍詳細




和書

図書館の社会的機能と役割

(シリーズ“図書館・文化・社会”〈5〉)

相関図書館学方法論研究会

(京都)松籟社 '21.7.9 発行
207p 21cm(A5)   
ISBN: 9784879844088
KCN: 1041061277
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,860(本体 ¥2,600)

この商品は出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 010.4
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

それぞれの社会的・時代的背景のもとで図書館はどのような役割を求められ、どのような機能を果たしてきたのか。

目 次

ジョンソン報告(1916年)からラーネッド報告(1924)へカーネギー財団の変容と方向の設定(カーネギー財団、プリチェット、ルート、ケッペル;ウィリアム・S.ラーネッドと『アメリカ公立図書館と知識の普及』;ラーネッド『アメリカ公立図書館と知識の普及』についての考察)
1950年代の文部省の「図書選定制度」をめぐる展開と日本図書館協会(図書館史からみた「図書選定制度」の位置付け;文部省の「図書選定制度」の概要;「図書館選定制度」への反応;図書館界と「図書館選定制度」;「図書選定制度」をめぐる同時代の反応と日本図書館教会の位置)
有山〓の図書館思想 図書館の機能・制度を中心に(先行研究;図書館の役割;中央図書館)
「社会的インフラ」としての図書館 アーレントの「公的領域」論に基づいた考察(「社会的インフラ」としての図書館;先行研究;アーレント「公的領域」論について)
教育装置としての図書館 田中敬の排斥にみる近代日本図書館の思想(田中敬の生涯;田中敬の図書館教育;全国図書館大会にみる教育観の位相;田中評価にみる図書館界の教育観)

著者紹介

福井佑介 (フクイユウスケ)
2016、京都大学大学院教育学研究科講師
三浦太郎 (ミウラタロウ)
2019、明治大学文学部教授
久野和子 (クノカズコ)
2014、神戸女子大学文学部准教授
杉山悦子 (スギヤマエツコ)
2019、四国大学文学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)