書籍詳細

書籍詳細




和書

森の探偵―無人カメラがとらえた日本の自然

新装版

宮崎学(写真家)   小原真史

亜紀書房 '21.9.5 発行
333p 19cm(B6)   
ISBN: 9784750517124
KCN: 1041146693

定価:¥1,980(本体 ¥1,800)

この商品は書籍取次または出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 402.91
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

自然のサインを読み解き、カメラを仕掛け…森の中で撮影された“決定的瞬間”の数々。自然界の報道写真家・宮崎学による調査報告書。

目 次

第1章 動物たちの痕跡(けもの道の見つけ方;フクロウの棲む谷;動物たちの住宅事情)
第2章 生と死のエコロジー(自然界のサプリメント;スカベンジャーたち;死の終わり)
第3章 文明の力、自然の力(被災地の動物たち;外来種と在来種)
第4章 人間の傍で(シナントロープたちの事件簿;人間の同伴者)
終章 森と動物と日本人

著者紹介

宮崎学 (ミヤザキマナブ)
写真家。1949年長野県生まれ。精密機械会社勤務を経て、1972年、プロ写真家として独立。自然と人間をテーマに、社会的視点にたった「自然界の報道写真家」として活動中。1990年『フクロウ』で第9回土門拳賞、1995年『死』で日本写真協会賞年度賞、『アニマル黙示録』で講談社出版文化賞受賞。2013年IZU PHOTO MUSEUMにて「宮崎学 自然の鉛筆」展を開催。2016年パリ・カルティエ現代美術財団に招かれ、グループ展に参加。著書多数
小原真史 (コハラマサシ)
キュレーター、映像作家。1978年愛知県生まれ。IZU PHOTO MUSEUM研究員として「荒木経惟写真集展 アラーキー」、「戦争と平和―伝えたかった日本」展などを担当。監督作品もある。第10回重森弘淹写真評論賞、第24回「写真の会」賞、日本写真協会賞学芸賞を受賞。東京工芸大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)