書籍詳細

書籍詳細




和書

博物館の未来を考える

「博物館の未来を考える」刊行会

中央公論美術出版 '21.8.30 発行
179p 21cm(A5)   
ISBN: 9784805508961
KCN: 1041244440
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 069.1
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

2021年3月2日に開催されたシンポジウム「今後の博物館制度を考える博物館法改正を見据えて」における発表をもとに、国際的な動向も踏まえた多角的な視点から、今後の博物館制度と、その制度の根幹となる博物館法の在り方における課題を問う。

目 次

文化政策としての博物法改正に向けて―その課題と展望
博物館法改正へ向けての日本学術会議の提言―二つの発出を終えて
文化審議会博物館部会における博物館法改正の検討から
ユネスコ博物館勧告・ICOM規約(博物館定義)から見た日本の博物館法
観光政策と博物館認証制度
間に合う学員格取得者の養成は可能か―新たな学員養成課程への課題と展望
学芸員を研究職と認定する制度について
アカデミアの一部としての博物館、社会の中の博物館
シンポジウム パネルディスカッション
付録