書籍詳細

書籍詳細




和書

再販制度と独占禁止法―図書館のための出版キイノート

宮沢厚雄

樹村房 '21.8.18 発行
141p 21cm(A5)   
ISBN: 9784883673551
KCN: 1041316149
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,760(本体 ¥1,600)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 024.1
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

図書館で働く人にとって存外に知る機会の少ないのが出版業界です。隣り合わせといえる世界だからこそ取り扱う資料(商品)が重なるからこそ知っておきたい核心事項がそこにはあります。図書館業務に欠かせないシリーズ“出版キイノート”。トピック単位で読みやすい分冊形式。本書のテーマは「再販制度と独占禁止法」です。

目 次

1 再販制度を定義し、資本主義のもとでは特例的な商慣行であることを確認します。
2 独占禁止法は、経済活動における競争の原則に、違反する行為を禁じる法律です。
3 日用ブランド品と著作物の再販制度が、独占禁止法の適用除外措置となります。
4 公正取引委員会が、世論の動向や米国の圧力を受け再販制度見直しに着手します。
5 日用ブランド品に対する指定再販制度は、1997年3月で事実上の廃止となります。
6 法定再販は、公正取引委員会と関係業界とで、1990年代に大論戦となります。
7 著作物六品目に対する法定再販の制度は、2001年に「当面存置」の結論を得ます。
8 再販制度のもとでの割引行為と、再販制度容認の「正当な理由」を紹介します。
9 参考までに、新聞業界には再販制度に加えて「特殊指定」という規定があります。